塗り替えの目安/塗料の選定

家を建ててから10年目あたりが目安です。

一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから約10年目くらいが目安と言われています。定期的に外壁を塗り替えることで家の美観を維持し、耐用年数も延びるため、結果的に住宅の資産価値を高めることにもつながります。

以下の症状は塗り替えのサインです。

  • ● 外壁にひび割れがある。
  • ● 外壁の塗装が剥がれている。
  • ● 外壁に汚れが付着している。
  • ● 外壁の色が褪せている。
  • ● 外壁にカビが発生している。
  • ● 外壁に藻が発生している。
  • ● 外壁に腐食部分がある。
  • ● 外壁を手でこすると指に粉がつく。

こんな症状が発生したら、それは塗り替えのサインです。放置しておくとさらに劣化が進み、どうにもならない状態にまで進行する恐れがありますのでぜひ塗り替えをご検討ください。

お住まいの状況とご希望に合わせて塗料を選定いたします。

さくら外壁塗装店では、塗料の知識と施工の経験をいかし、建物の素材や状態、地域の気候にあった塗料を選定いたします。

■ 塗料の地域性について

水性塗料は気温が低いと乾燥しきれず、本来の性能が発揮できないため、寒冷地では溶剤塗料のシェアが高いです。
しかしながら、溶剤は水性に比べ臭気が発生するために住宅街では水性塗料をおすすめしたり、凍害の危険性がある場合は水性の透湿機能を持った塗料を、最適な時期で施工を行うような提案をいたしております。

■ 住宅密集地域

住宅密集地域ですと、臭気の心配がありますので基本的には水性塗料をオススメいたします。
最近では溶剤に匹敵する機能を持った水性塗料も開発されてきています。

■ 高速道路沿い、工業地帯など

塗膜がやわらかいと車の排気ガス等の汚れが付着しやすくなります。
このような場合は、塗膜が硬い、セラミック成分の多いシリコンや無機塗料をオススメしています。

■ 日当たりの悪い、湿気の多い地域

たとえば川沿いや山のふもと、別荘地帯などでは、どれだけ対策をしても腐朽菌やカビ発生のリスクがあります。出来る限り防腐、防カビ剤が入っている物をオススメしております。
外壁素材が木材の場合は、防カビ・防虫等、色々効果をうたっている物がありますので、現状のお悩みに応じてご提案いたしております。

■ 海の近く(塩害対策)

塩害対策を施す場合、鉄部は下塗りに強力錆止め、加えて上塗りに高耐候性塗料が必要になります。
1液よりも2液、水性よりも弱溶剤、弱溶剤よりも強溶剤の錆止めをオススメいたしております。

■ 寒冷地・豪雪地帯

寒冷地、豪雪地帯において直張り工法の窯業系サイディングで見られる不具合が凍害です。
お風呂や台所付近の外壁、日当たりの悪いバルコニーに起きやすい現象です。
正直申し上げて、凍害はどの塗料を使ってもリスクをゼロにすることは難しいですが、より問題が出にくい塗料の選択、塗装時期のアドバイスは可能です。
お家のサイディングは直貼り工法なのか通気工法なのか、また凍害のリスクがあるお家なのかどうかも合わせて現場調査時に診断いたします。

ページトップへ