外壁塗装を全国工事対応。安心価格と確かな品質で選ばれています!

  • 現場調査無料!
  • お見積もり無料!
  • 全国工事対応!
  • 安心の施工10年保証!
  • 信頼の施工実績10,000件!
お電話でのご依頼・ご相談は

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

悪徳業者やトラブル、金額についてなど外壁塗装の不安要素は
これで解決!

目次

悪徳業者の特徴と契約のポイント

外壁塗装は決して安い買い物ではありません。一般的な戸建てで最低でも数十万円、大きい戸建てであれば200万円程度までかかる比較的高額な支出です。しかし、高額な費用を請求したり、粗悪な工事を行う悪徳業者は残念ながら少なからず存在します。
誰しも、そんな悪徳業者には騙されたくないですよね。悪徳業者に騙されて後悔しないように、売り込み例を確認し、引っかからないためのポイントを理解しましょう。

要注意!売り込み事例集

「当社が開発したオリジナルの塗料を使えば、1回塗れば30年持ちます!金額は高いけれど、長い目で見ればお得ですよ」

「当社が開発したオリジナルの塗料を使えば、1回塗れば30年持ちます!金額は高いけれど、長い目で見ればお得ですよ」

※注:写真はイメージです。

さて、どう思われましたでしょうか?

「オリジナル塗料を作れる会社ならすごい!」
「30年も性能が持つなんてお得!」

と思われた方は注意が必要です。実は上記のような謳い文句でオリジナル塗料を勧めて来る業者は、悪徳業者の可能性が非常に高いです。悪徳業者がオリジナル塗料を勧めてくる理由は、大きく2つあります。

1つ目の理由は、オリジナル塗料であれば、高い値段で販売することができるからです。一般的な塗料メーカーの商品であれば、インターネットや相見積り等で価格比較ができますが、オリジナル塗料の場合は、価格の整合性を確認するのは極めて困難です。

2つめの理由は、性能や効能を誇張することができるからです。塗料メーカーのページに商品が記載されていないので、性能や効能も確認する術は消費者にはありません。例1では「1回塗れば30年持ちます」と謳っています。現在のところ、20年前後の耐久性がある塗料はありますが、30年持つ塗料はありません。極端に長い耐久年数を謳って売り込んでくる場合は、信憑性が薄く、悪徳業者の可能性が高いと考えられます。

悪徳業者は市販されている塗料に少し手を加えることでオリジナル塗料として使用します。塗料の容器を入れ替えたり、薄めたり、安く仕入れることのできる塗料を上記のようにあたかも高機能高価格の塗料として販売し、利益を上げるケースがあります。
もちろん、オリジナル塗料全てを否定するわけではありません。メーカーさんと付き合いの長い、塗装実績の多い塗装店さんであれば、他社との差別化としてオリジナル塗料を委託製造しているケースもあります。オリジナル塗料を勧められた際には、塗料の材料を確認し、価格が相場から乖離していないか、効果は適切なものか、しっかりと説明を求めましょう。実際の施工例や施工金額を問い合わせてみるのも有効な手段です。

  • チェックポイント
  • オリジナル塗料を勧められたら、必ず塗料メーカーの商品と比較しましょう。信頼できる塗料ほど、大手メーカーの塗料と金額面や性能が近くなります。

    30年以上など極端に長い耐久年数の塗料は今のところ存在しないので、過度な謳い文句には要注意。

「外から外壁を拝見させていただいたのですが、今すぐに塗り替えないと危険です!」

「当社が開発したオリジナルの塗料を使えば、1回塗れば30年持ちます!金額は高いけれど、長い目で見ればお得ですよ」

※注:写真はイメージです。

突然やってきた訪問販売員に外壁の危険性を指摘されました。さて、どうしますか?
ここで、「今すぐに」と言ってくる業者には注意が必要です。外壁塗装にひび割れやチョーキングがあれば塗装が必要な状態ではあります。しかし、今日明日に工事をしなければ建物が倒壊するなどの危険な状態ではありません。外壁塗装について比較検討し、最適なプランを選択する時間は十分にあります。必要以上に危険や即決を強調してくる場合は、消費者の知識のないうちに契約を結んでしまいたい故の発言であり、本当にお客様のためを思っての言葉ではないことを念頭において対処しましょう。
他にも、「今すぐに見積もり出せますよ」「今日中に契約すればサービスしますよ」などの商売文句にも気を付けましょう。見積もりは、しっかりと現場調査を行なわなければ、詳細な金額を出すことができません。来てすぐに出された見積もりはあくまでも概算見積もりと捉え、比較として信頼できる塗装業者に正確な見積もりを出してもらう方が安心です。その場で契約を結ぼうとする業者は、他社との比較をさせないために急いで話を決めようとしているにすぎません。

訪問販売が悪徳業者であるケースは依然として多く、消費者トラブルとして多く寄せられています。独立行政法人国民生活センターPIO-NETに寄せられた相談件数は、2018年度で6,686件にものぼります。1か月で約557件もの相談が寄せられていることになり、他人事ではありません。訪問してくる悪徳業者は、とにかく急いで契約しようとしてきます。急かされているなと感じたら、一度立ち止まってじっくり検討するようにしましょう。

  • チェックポイント
  • 突然の訪問での塗装提案は悪徳業者である可能性があります。
    契約を急かされても、すぐに契約しないようにしましょう。

    見積もりは複数の業者にしっかりと現場調査をしてもらってから出してもらいましょう。

「特別価格で100万円値引きします!」

「当社が開発したオリジナルの塗料を使えば、1回塗れば30年持ちます!金額は高いけれど、長い目で見ればお得ですよ」

※注:写真はイメージです。

「100万円も値引きしてくれるなんでラッキー!」と思ってはいけません。100万円などの常識では考えられない大幅な値引きをしてくる業者は悪徳業者の可能性が高いです。特にこちらが交渉する前からの高額な値引きの提案は危険信号です。
高額値引きができるということは、そもそも最初に提示された見積もりが高すぎる可能性があります。塗料の種類や立地、建物の形状等にもよりますが、一般的な約30~40坪の戸建て住宅の場合、外壁塗装が200万円を超えることはほとんどありません。そもそも、塗装工事には塗料の原価や職人の人件費が発生します。大幅な値引きをしてしまっては、会社として成り立ちません。その他にも「モニターになれば工事代をお安くします」といったモニター商法も悪徳業者の常套手段です。外壁塗装の相場をきちんと知って、大幅な値引きが本当にメリットになっているのかしっかり確認しましょう。

  • チェックポイント
  • 通常では考えられない大幅な値引きは、実はお得ではないことを認識しましょう。

    モニター商法は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

悪徳業者の手抜き工事事例

悪徳業者の手抜き工事事例

もしも悪徳業者と契約してしまったら、一体どのような工事が行われることが多いのでしょうか。

ここでは一例をご紹介します。

ケレンなどの下地処理を手抜きする

ケレンとは、塗装をする前に主に鉄部分をヤスリで擦り、汚れやサビを除去することで塗料の付着を良くする作業です。このケレンを怠ると塗装をする際にしっかりと塗ることができずに完成後に塗装が剥がれやすくなってしまいます。
非常に速い劣化の原因になるにも関わらず、下地は塗料で隠れてしまうため見分けるのが難しく、大変悪質です。

塗料を必要以上に薄める

塗料を薄めると、使用量が減るので材料代が安くなります。また、塗装を行うローラーや刷毛の滑りが良くなり、早く仕上げられるため人件費のカットにつながります。
ですが、必要以上に薄めた塗料は、本来の性能が発揮できません。それどころか、数年後に塗装が剥がれたり、ひび割れが発生したりする恐れがあります。

塗装の回数を見積書通りに行わない

外壁塗装は通常、下塗り・中塗り・上塗りの計3回の塗装を行います。
悪徳業者は勝手に塗装の回数を減らして人件費を浮かせることがあります。工期が極端に短い業者はきちんと3回塗っていない可能性がありますので注意しましょう。

契約時のチェックポイント

契約時のチェックポイント

契約にも、悪徳業者かどうか見分けるポイントがあります。
とくに下記の3点についてしっかり確認しましょう。

見積書・契約書の確認

見積書と契約書の記載事項に相違がないか確認します。
工事名称、工事場所、支払い方法が明確に記載されているかもチェックしましょう。不明点があれば工事が始まる前に問い合わせることが肝心です。

保証期間と内容の確認

保証がついている場合は、その内容について契約前に確認しておきましょう。
さくら外壁塗装店では、最長10年の保証期間を設けております。保証の内容についてはこちらをお読みください。

支払い条件の確認

悪徳業者の中には全額前金払いを要求するところも多いようです。代金を支払ったのに、工事が行われずに音信不通になった、という事態にならないように、支払い条件がどのようになっているかきちんと確認することをおすすめします。

いかがでしたでしょうか?悪徳業者の売り込み例を読んで、少しでも「契約してもいいかも」と思ってしまった方は気を付けてくださいね。

さくら外壁塗装店では、お客様に最適なプランと適正な価格で外壁塗装工事を提供いたします。ご不明点があれば遠慮なくお問合せください。また、お見積り、現場調査は無料ですのでお気軽にお申し付けください。

よくあるトラブル

年間50万件以上の工事が行われている外壁塗装。ほとんどの外壁塗装についてはトラブルなく工事が終了しますが、なかには裁判にまで発展するトラブルが発生することも…。
ここでは外壁塗装において発生し得るトラブルとその防止・解決方法についてご紹介します。

外壁塗装中のトラブル

塗料の飛散

塗料の飛散

トラブルの1つが、植物や車に塗料が付着してしまったというものです。一般戸建ての外壁塗装の場合は、吹き付けタイプより飛散量が少ないローラーでの塗装が一般的ですが、塗料の飛散を完全に防ぐわけではありません。

こうした塗料の飛散による汚れを防ぐために行う作業が養生です。養生とは、シートやテープを使って塗料を塗らない場所を覆い隠し、汚れないようにすることです。
塗装の仕上がりで塗装業者の善し悪しを判断するのは難しいと言われていますが、丁寧に養生してくれる塗装業者は信頼できる優良な塗装業者といっていいでしょう。大事な植物や車が汚れてしまわないように、養生をしっかりしてくれる業者を選ぶことが大切です。

万が一、塗装後に飛び散った塗料による汚れを発見した場合は、塗装を行った業者に現場を確認してもらい、対応をお願いしましょう。剥離剤を使って塗料を剥がす、保険の適用で賠償される、などの対応策が考えられます。

  • トラブル解決ポイント
  • 塗料の飛散を防ぐために丁寧な養生してくれる業者を選びましょう。

    工事完了確認の際は、飛散箇所がないか、施工した塗装会社と念入りに確認しましょう。

近隣トラブル

近隣トラブル

ご近所の方からの苦情も、外壁塗装中に発生するトラブルです。
これからも長い付き合いを続けていくことを考え、工事も円滑に終わらせたいもの。トラブルを避けるためにも、どのような事例があるのか知っておきましょう。

騒音

外壁塗装の工事中は特に足場の組み立て・解体時や高圧洗浄時に音がします。
通常、施工前に塗装業者が近隣の方へ挨拶に伺いますが、お客様自身も事前に挨拶回りをしておくと安心です。

工事車両の駐車

塗装工事中は、工事車両を近くに駐車させていただく場合があります。もちろん、ご近所の迷惑にならないように最大限配慮いたします。
ですが、やはり事前の挨拶で「○月○日まで塗装工事を行いますので、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします」などと伝えておくとトラブルに発展しにくいでしょう。駐車位置について事前に塗装業者と打ち合わせをしておくことも大切です。

塗料の臭い

溶剤系塗料を使用する場合は、シンナーの臭いがします。ご自宅の周りが密集地で風通しが悪い場合は、この臭いがトラブルになる可能性があります。水性塗料はシンナーを使用していないので、このシンナー臭は発生しません。(ただしまったくの無臭ではありません。)臭いが気になる方は水性塗料で塗装をされることをおすすめします。
ただし、鉄部など下地の素材の種類によっては水性塗料が使用できないケースもありますので、詳しくは塗装業者に問い合わせましょう。

  • トラブル解決ポイント
  • 塗装業者は事前に近隣の方へ挨拶に伺いますが、お客様自身でも挨拶をしておくと良いでしょう。

    駐車位置や塗料の臭いなど気になる点は、事前に塗装業者に相談しましょう。

外壁塗装後のトラブル

仕上がりがイメージと違う

外壁塗装の楽しみの1つが色選びではないでしょうか。わくわくしながら選んだ色がイメージと違ったら…。塗り直しをしたくなるのは当然というものです。
しかしここで注意したいのが、「イメージが違う」という理由での塗り直しは基本的には追加料金が発生するということです。そもそも、色見本で選んだ色のはずなのに、何故いざ外壁に塗装するとイメージと違ってしまうのでしょうか。それは小さな見本で見ているときと大きな面積で見たときでは見え方が異なるからです。これを面積効果といいます。

明るい色の場合、見本よりも実際に塗装されたものの方が明るく見えます。
暗い色の場合はより暗く感じられます。

仕上がりがイメージと違う

※画像は面積効果のイメージです。

また、部屋の中で蛍光灯の下で見ているときと太陽光の下で見るときでも違った印象になります。
解決策としては、出来るだけ大き目のサンプルを見せてもらう、色見本を太陽光の下で確認するといった方法があります。その他に、さくら外壁塗装店では、仕上がりのイメージトラブルを防止するためのカラーシミュレーションのページをご用意しています。

カラーシミュレーションのページでは、お住まいの建物のタイプ別に、外壁と屋根の塗装の配色をシミュレーションできます。洋風・和風、切妻屋根・陸屋根等さまざまな形状に対応しています。さくら外壁塗装店のホームページでもわかりやすいとご好評をいただいているコンテンツです。

色選びに失敗しないためにも、是非ご活用ください。

  • トラブル解決ポイント
  • 契約前に色見本やカラーシミュレーションサービス等を利用して、イメージを明確にしましょう。

施工の不具合

施工の不具合

外壁塗装完了から数年後、早い場合は数か月後に塗装が剥がれてきたり色あせしてしまったりというトラブルがあります。
外壁塗装の場合、完成後すぐは綺麗な仕上がりに見えるため、施工不良かどうかを判断するのは難しいのが現状です。しかし、短期間での不具合は塗装業者の責任である可能性が高いです。こういった施工不良は下地材の塗布量不足、高圧洗浄が不十分だったなどの要因が考えられます。保証期間内であれば、無償で塗り直しをしてもらえますので、すぐに塗装業者に連絡を取りましょう。 ただし、お客様側に過失がある場合(ものをぶつけた等)は保証を受けられませんのでご注意ください。
さくら外壁塗装店では、最長10年の保証期間を設定しております。保証の内容についてはこちらをお読みください。

また、悪徳業者に塗装を依頼してしまった場合は、施工不良が起こる可能性が非常に高くなります。
次項で説明している塗装以外のトラブルも悪徳業者に発注してしまうことで起こります。決して悪徳業者とは契約しないように気をつけましょう。

  • トラブル解決ポイント
  • 契約前には悪徳業者ではないか、念入りに確認しましょう。

    不具合が見られる場合は、早急に塗装業者に対応をお願いしましょう。

工事以外のトラブル

工事以外のトラブル

塗装工事以外の面で考えられるのが、費用についてのトラブルです。具体的には、「前金で全額支払ったが、塗装業者が期日になっても来ない」「入金後に会社が倒産したと言われた」などの例があります。全額前払いを要求された場合は、前述の可能性を考え、半金での支払いが可能なのか確認しましょう。
この際、大幅な値引きをしてでも全額前払いを促すような業者は信頼性に欠けるため、契約は控えるようにしましょう。また、見積もりに記載のない工事をされて、高額請求されるトラブルや、無断で追加工事をされ、追加料金を請求されるトラブルも発生しています。見積書や契約書は事前に確認し、不明点があれば説明を求めるようにしましょう。
悪徳業者の特徴と契約のポイントについてはこちらをご一読ください。

  • トラブル解決ポイント
  • うっかり契約してしまわないように、事前に悪徳業者の特徴を知っておきましょう。

    見積書や契約書はしっかりと確認しましょう。

いかがでしたでしょうか?
ここでご紹介したトラブルはほんの一例にすぎません。トラブルに巻き込まれて後悔しないように、塗装業者の選定は慎重に行いましょう。

さくら外壁塗装店では、厳しい審査をクリアした全国各地の塗装職人が責任を持って工事にあたります。お見積り、現場調査は無料ですので、お気軽にお申し込みください。

外壁塗装の現場調査について

お客様に最適な外壁塗装工事を実施するために、重要なのが現場調査です。さくら外壁塗装店でも、お客様との初回打ち合わせの際は、現場調査のお立合いをお願いしています。
そこで気になるのが、現場調査とは一体何を調査する場なのかということ。こちらのページでは、外壁塗装の現場調査を行う意義と、チェックする項目についてご説明いたします。

なぜ現場調査を行うのか?

なぜ現場調査を行うのか?

現地を見なくても図面だけで見積もりしてもらえたら楽なのに…とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、図面だけでは正確なお見積りを提出することはできません。特に外壁の劣化状況に関しては千差万別であり、ご自宅1件1件症状が異なります。
病院でお医者さんに診断してもらわないと正確な病状を判断できないのと同じように、外壁も塗装のプロが調査を行って初めて適切な処置がわかるのです。

また、お客様のご希望をヒアリングさせていただくのも、現場調査の目的の一つです。直接お話しさせていただくことで、より精度の高い提案が可能になります。お客様からも気になることはどんどん質問してください。相互理解を深めるコミュニケーションの場としても現場調査は重要です。
現場調査にかかる時間は約1時間ですので、お立会いのほど、よろしくお願いいたします。

現場調査でチェックする項目

お客様の希望、予算

お客様の希望、予算

まずはお客様のご希望とご予算についてヒアリングいたします。

外壁塗装を検討した理由

ひび割れが見られる、なんとなく汚れてきたから、など何でもかまいません。気になる点は些細なことと思わず、全て教えてください。

一番重要視する機能

耐久性、高光沢、汚れにくくしてほしい、など重要視しているポイントをお聞かせください。
お客様のご希望に合った塗料を選定いたします。

ご希望の色

塗料の色は、契約時に最終決定しますが、現場調査時にご希望の色のイメージがある場合は、スタッフへお伝えください。色の種類によっては、特別な調合が必要となり、見積金額が変わる可能性があります。「色が気に入らない」「イメージと異なる」という理由での塗りなおしは、どの塗装店でも対応はできません。塗料の色はイメージを明確にして、慎重に選びましょう。
色の選択方法は、色見本を確認するほかに、カラーシミュレーションもおすすめです。

ご希望の工事期間・完工時期

ご希望の工事期間やいつまでに終わらせたいという完工時期があれば、お申し付けください。工事期間は通常約2~3週間ですが、天候や工事内容によってはそれ以上かかる場合もございます。あらかじめ余裕を持ったスケジュールをたてておくと安心です。

ご予算

やはり外壁塗装にどのくらい費用がかかるかは気になるところですよね。現場調査中にお受けするご質問で最も多いのも費用のお話です。どんなに希望を叶えるプランでも、予算をオーバーしてしまったら、それはただの夢物語になってしまいます。
さくら外壁塗装店では、お客様のご予算に合わせて最適なプランをご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

塗装の面積

塗装の面積

メジャーなどを使って、外壁や付帯部分の面積を測っていきます。もし立面図をお持ちでしたら、現場調査時にコピーをお渡しいただきますと、よりスムーズに計測できます。
外壁塗装にかかる費用は塗装面積によって変わるため、面積の測量は重要な項目です。

外壁の種類

劣化状況の確認

劣化状況の確認

色あせや藻の繁殖、チョーキング・ひび割れの有無、サビが発生しているかどうかなど、外壁の劣化状況も見積金額を大きく左右します。劣化の状況によっては塗装だけでなく補修が必要な場合もありますし、症状によって塗装方法が変わってくるからです。
また、現場調査の良いところは、外壁塗装のプロがしっかりと外壁を調べてくれる点です。お客さまでは見つけることが難しい劣化が発見され、大事に至る前に適切な処置がとれるかもしれません。そういった意味でも現場調査は有効です。
確認の際、気になる劣化部分を写真に撮らせていただく場合がございます。

外壁以外の塗装箇所

周囲環境

周囲環境

塗料と職人の人件費以外に必要になるのが足場の設置料金です。足場が設置できなければ塗装工事はできません。建物の周囲状況を確認して、足場の組み方を検討します。

また、周辺地域の環境についても確認します。雨の多い地域、日当たりのよくない地域、幹線道路が近い地域など、お住まいの地域によって、塗料や外壁の劣化の速度は変わります。外壁がどのような外的環境に影響を受けているかも塗料を選択するときの判断材料になります。

現場調査終了後、10営業日以内にプラン・お見積りを作成し、ご提案いたします。お客様に合ったプランとお見積りを提出するためには入念な現場調査は必須です。
さくら外壁塗装店では、現場調査~お見積りまで無料となっております。お気軽にお問合せください。

見積金額

外壁塗装の見積書の構成と見方

外壁塗装の見積書の構成と見方

外壁塗装は、安くても数十万円、場合によっては100万円を超えます。家計にとって大きな出費といえるでしょう。そんな外壁塗装にいくらかかるのか、相場はどれくらいなのか、気になりますよね。

今回はそんな外壁塗装工事に際して発生する費用項目や、おおよその費用感、金額が上がってしまう要素、見積書の見方についてご説明いたします。すでに見積もりが終わられた方は手元に見積書をご用意いただき、ご覧ください。

見積・工事内容の構成要素

見積には主に「足場代」「高圧洗浄代・補修代」「塗料+工事代(人件費)」「その他の費用」で構成されます。各項目に何が含まれ、どれくらいの費用感なのか、ご紹介いたします。

外壁塗装のために組まれた足場

外壁塗装においてなくてはならないのが、外壁を取り囲む足場です。この足場を設置、撤去する費用として足場代の記載があります。

足場代の一般的な相場は1平方メートルあたり700円~1000円程度、一般的な住宅では15万円~20万円程度となります。

足場代が増加するのは、以下のケースがあります。

擁壁や掘り込み式ガレージなど高低差のある敷地
高低差を解消するために余分に足場が必要となるため、値段が上がります。
狭小地や道路幅が狭い地域
足場を搬出入するトラックが入れない場合は、設置に時間がかかるため値段が上がります。
都市部
足場を保管する倉庫の地代がかかるため、郊外とくらべて値段が上がる傾向にあります。

また足場は1日で数か所回って設置するため、午前、午後いずれかだけで終わるような規模であれば費用が安く済みます。一方大きな戸建てや前述のような時間がかかる現場では、見積金額は上昇することがあります。
また一部業者では「足場代無料」と記載されるケースがありますが、足場代は費用として必ず発生するものですので、そのほかの項目に転嫁されている可能性が極めて高いです。
足場代以外のどの項目も「無料」となることはありませんので、必ず各項目を確認し、不自然な見積もりになっていないか注意が必要です。

屋根の高圧洗浄の様子

外壁塗装を行う前に必要なのが、高圧洗浄や補修にかかる費用です。

高圧洗浄は1平方メートル当たり100円~300円、一般的な戸建てでは数万円程度に納まることがほとんどです。

ただし、以下のケースでは見積金額が上がる可能性があります。

汚れやカビ、サビが著しい場合
高圧洗浄やカビの除去、ケレンに通常より時間がかかるため、費用が上がります。
クラックなどの補修が発生する場合
通常の洗浄代に加えて補修費用が発生します。
外壁塗装の様子

塗装見積のメインとなるのが塗料と工事代の費用です。業者によって記載方法は異なりますが、塗料メーカーが公表している資料に基づき計算され、塗料と工事代を合わせた形で記載する方法が主流となっています。

工事単価は使用する塗料の種類によって異なります。

一般的な施工単価は以下の通りです。

シリコン塗料 2,000円~3,000円/m²
フッ素塗料 3,500円~4,800円/m²
無機塗料 4,500円~5,850円/m²
ラジカル制御形塗料 2,500円~3,500円/m²

工事代については、工事の集中する時期になると業者によっては上げる可能性があります。
また、施工業者が多いエリアと少ないエリアでは、競争が激しい施工業者の多いエリアの方が価格は下がる傾向にあります。

その他の費用

諸経費、現場管理費などの費用が別途発生することがあります。これは、塗料の現場管理や遠方からスタッフを呼ぶ際の交通費などです。金額としては10万円以内が一般的な範囲ですので、超えている場合は一度内容を確認することをおすすめします。

ただし、諸経費やその他の費用は必要な経費として加算されているのがほとんどです。「諸経費が高い=悪徳業者」とは限らないことも念頭においておきましょう。

さくら外壁塗装店では、塗装費用のシミュレーションもご用意しております。
ご自宅の塗装費用を大まかに掴むためにも是非一度ご利用ください。

お見積りシミュレーション 簡単2ステップで概算見積りを算出することが可能です。

お見積もり・現場調査・お問い合わせはこちら無料

ウェブからお気軽にご相談ください。
全国無料でお伺いいたします。

ご相談・お問い合わせ

ご相談はフリーダイヤルでも
受け付けております(携帯・PHS可)。

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30(土日・祝日除く)

ウェブ上でお見積もり、塗装イメージがお試しいただけます。

  • カラーシミュレーション お住まいのタイプ別に外壁と屋根の塗り替えの配色をシミュレーションできます。 シミュレーションする
  • お見積もりシミュレーション 簡単2ステップで概算見積もりを算出することが可能です。 シミュレーションする
  • 外壁カラーコーディネートサービス ご自宅の写真を送るだけ!お手軽に仕上がりイメージを確認できます(3色まで) 詳細はこちら

相見積りでもお気兼ねなくご相談ください!

  • 無料現場調査ご依頼
  • ご相談・お問い合わせ
  • 税込お見積り金額の総額に応じて最大10万円お値引き!! ● 50万円~100万円未満なら5万円お値引き ● 100万円以上なら10万円お値引き 2019年4月24日(水)~9月30日(月)現場調査お申込み分まで
  • 120万円60回までのご利用なら分割金利手数料0円 金利・手数料はさくら外壁塗装店が全額負担します! 120万円を超える場合は超低金利0.9%ローンをご用意!
  • さくら外壁の最長10年保証 工事10年保証+外壁塗装など各種塗装、最長10年保証
  • ガーデンプラス さくら外壁塗装店なら、いつでもどこでも現場調査・お見積もりが日本全国無料!

相見積りでもお気兼ねなくご相談ください!

  • 無料現場調査ご依頼
  • ご相談・お問い合わせ
営業日カレンダー
8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

休業日(現場調査・工事は対応)

…休業日(現場調査・工事は対応)

休業日もフォームからの問合せ・申込みは可能です。

※各店舗の休業日とは異なります。

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

お客様コールセンタースタッフ
小さなご相談もお気軽にお問合わせ下さい。有資格者が最適な解決策をご提案いたします。
  • 加來

    加來

  • 大藤

    大藤

  • 都

  • 本田

    本田

  • 小川

    小川

  • 出田

    出田

  • 長谷川

    長谷川

  • 溝内

    溝内

  • 石橋

    石橋

  • 須田

    須田

  • 植松

    植松

  • 蓮池

    蓮池

  • 森田

    森田

  • 新井

    新井

  • 池本

    池本

  • 宮腰

    宮腰

  • 和田

    和田

  • 石井

    石井

  • 松下

    松下

  • 小柴

    小柴

  • 小西

    小西

  • 清水

    清水

  • 中田

    中田

  • 小嶋

    小嶋

  • 横田

    横田

  • 岡田

    岡田

  • 橋本

    橋本

  • 田邊

    田邊

  • 岡崎

    岡崎

  • 菊地

    菊地

  • 中谷

    中谷

  • 中川

    中川

メールでのご相談はこちら
ご利用ガイド

ガーデンプラスからのお知らせ

もっと見る

安心のセキュリティ

当サイトではFujiSSLのSSL証明書を使用し、常時SSL暗号化通信を行っています。サイトシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。

ページトップへ

TOP