屋根の塗装とリフォームについて

屋根の塗装とリフォームについて

「屋根の工事」といっても、屋根の種類、施工方法の種類は、多種多様。建物の劣化症状と屋根の種類に応じて、最適な工事を選ぶ必要があります。ここでは、屋根の素材と工事の種類、劣化症状など屋根に関する情報をご紹介します。

屋根の種類

日本の屋根は主に5種類。一般的に見られる屋根をご紹介します。

スレート

スレート

現在、日本での普及率が最も高い屋根材です。厚さ5mm前後の薄くて平らなセメント板で、一枚一枚重ねて設置しています。
瓦と比べて重量が軽いため、建物の負荷が少なく、地震などの災害に強い素材です。劣化した場合は塗装を施すか、カバー工法、葺き直しなどのリフォームで対応します。

スレート屋根の塗装事例をもっと見る

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は別名「アルミ亜鉛合金めっき鋼板」という、錆びにくい金属製の屋根材です。耐用年数が長く、耐震性が高いのがポイントです。面積あたりの重量はスレート屋根よりも軽く、地震や家事にも強い屋根材です。ガルバリウム鋼板に劣化が見られた場合は塗装や張替えなどを行います。また他の屋根材からカバー工法や葺き替えでのリフォームも行われます。

セメント瓦

セメント瓦

セメント瓦はその名のとおりセメント製の瓦です。耐火性・耐久性に優れて、デザイン性に富んでいることが特徴です。ただし重量が重く、地震に対しての耐久性が低いことから、近年は新築での使用はほとんど見られません。屋根塗装での対応も可能ですが、家の耐久性を考えた場合は、葺き替えリフォームがおすすめです。

セメント瓦屋根の塗装事例をもっと見る

和瓦・洋瓦

和瓦・洋瓦

和瓦・洋瓦は焼き物の瓦です。釉薬が降られたものは、表面に美しい光沢がみられます。和瓦はカラーバリエーションが少なく重厚感があります。一方の洋瓦は色彩豊かで、スタイリッシュなものが多いのが特徴です。カケやワレが一部で生じている場合は葺き直し等で対応しますが、広範囲に劣化が見られた場合は、葺き替えリフォームがおすすめです。

陸屋根・屋上

陸屋根・屋上

陸屋根は傾斜の屋根のない家、ルーフバルコニーなどの屋根をさします。バルコニーと同様、主に塗装、防水工事がメインとなります。他の屋根材への葺き替えやカバー工法は行いません。

陸屋根の塗装事例をもっと見る

劣化の症状

屋根材により様々な劣化症状が発生します。ここでは、主に見られる劣化症状別にご紹介します。

コケ・カビ

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • ガルバリウム鋼板屋根
  • セメント瓦屋根
  • 和瓦・洋瓦屋根
  • 陸屋根

コケ・カビ

屋根に緑や白、黒などの汚れが見えるものは、コケ・カビの発生かもしれません。コケやカビは水分や湿気を含んでしまっているため、錆びや屋根材への亀裂など、他の劣化症状を引き起こすおそれがあります。表面の塗膜が劣化し、十分な機能を果たせていないサインでもあるため、早めの対処が必要です。

ワレ・カケ

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • セメント瓦屋根
  • 和瓦・洋瓦屋根

ワレ・カケ

経年劣化や自然災害によって、屋根材が、割れたり欠けたりしている状態。雨漏りを発生させる要因となるため、こちらも早めの対処が必要です。

サビ

発生屋根材:

  • ガルバリウム鋼板屋根

サビ

赤や茶、黒、緑などに金属が錆びた状態。苔と同様、塗膜の劣化のサインでもあります。サビが進行すると、屋根材に穴が開き、雨漏れの原因になる危険性があります。

塗料のハガレ

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • ガルバリウム鋼板屋根
  • 陸屋根

塗料のハガレ

屋根材表面の塗膜が剥がれた状態。塗膜の経年劣化や、鳥のフンや果樹などの汚れが原因で発生します。塗膜の保護機能が低下しているため、雨漏りやクラックなどを引き起こす可能性があります。

その他(変色、退色)

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • ガルバリウム鋼板屋根
  • 陸屋根

屋根材自体の変色、退色なども劣化症状の一つです。表面の塗膜の保護機能が失われ、屋根材に紫外線が当たることで発生します。塗膜だけでなく、屋根材自体の劣化にも繋がるため、対処が必要です。

工法の種類

サイディングリフォームに使用するサイディングは新築同様、窯業系、金属系の2種類が主流です。さくら外壁塗装店ではその中でも、金属系サイディングのアルミサイディングをおススメしています。

屋根塗装

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • ガルバリウム鋼板屋根
  • セメント瓦屋根
Before After

(左右にスライドすると工事前と後をご確認いただけます)

屋根塗装では、屋根の表面に新たに塗装を施して、屋根の機能と外観を回復します。これまでに塗装した回数が0~1回である場合に行います。屋根のカケやハガレが生じている場合は、補修も合わせて行います。ただし劣化の状況によっては、塗装以外の方法で対処する場合があります。

カバー工法

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • ガルバリウム鋼板屋根
Before After

(左右にスライドすると工事前と後をご確認いただけます)

劣化した屋根材の上に、防水シートを貼り、その上から新たに軽い金属製の屋根材を設置する工事です。これまでに塗装を複数回おこなったことがある建物、築15年以上経過している建物など、塗装では修復しきれない場合の建物にオススメの工法です。ただし、屋根材自体や、下地の激しい傷みがある場合は、修繕を兼ねた葺き直しが必要となります。

屋上防水

発生屋根材:

  • 陸屋根
Before After

(左右にスライドすると工事前と後をご確認いただけます)

屋上、陸屋根など傾斜の無い平らな屋根部分に、防水シートを貼る、あるいは、防水機能のある塗料を塗布します。建物に雨水がしみこむのを防ぎます。

葺き替え・葺き直し・積み直し

発生屋根材:

  • スレート屋根
  • ガルバリウム鋼板屋根
  • セメント瓦屋根
  • 和瓦・洋瓦屋根
Before After

(左右にスライドすると工事前と後をご確認いただけます)

葺き替えは屋根材自体を一度撤去し、下地の防水シートなどを再設置した上で新たな屋根材を設置する方法です。葺き直し、積み直しは屋根材を一度撤去、補修などのメンテナンスを行った上で、再度設置する工事です。劣化状況やお客様のご要望に応じて、施工範囲などを決めて対応します。

屋根の劣化を放っておいた場合

上記のような屋根の劣化症状を仮に放っておいた場合、次のような問題が発生しる可能性があります。

  • 屋根材が落下したり、強風で飛来したりするおそれがあります。
  • 亀裂などから雨漏れの原因となります。
  • 家の美観が損なわれます。
  • 特に台風、突風により破損する可能性が高く、最悪の場合屋根自体が吹き飛んでしまう可能性もあります。

屋根は、普段生活しているとなかなか見えづらく、点検なども難しい箇所です。
気になる場合は、一度現場調査にお申し込みください。

現場調査のお申し込みはこちら

ページトップへ