外壁の種類別塗装方法とその特徴について

目次

窯業系サイディングの塗装方法

最も多く使われる外壁材 窯業系サイディング

最も多く使われる外壁材 窯業系サイディング

窯業系サイディングは、日本の戸建ての外壁材として最も普及している素材です。1970年代に防火性能のある外壁材として誕生し、その後施工の容易さ、壁材としての軽さ、従来のモルタル外壁とは異なった機能性や意匠性が受け入れられ、取扱量が急増しました。窯業系サイディングは文字通り、窯に入れて作られる工業製品です。
素材はセメントや粘土といった自然由来のものを使用し、焼き固めた後に表面に塗装を施すことで作られます。
流通量も多く、コストも抑えられるほか、取扱い企業も多いので様々なバリエーションのデザインが選べます。

窯業系サイディングの特長

窯業系サイディングの特長の一つとして、表面の意匠性があげられます。レンガや自然石、木調などの素材を表現したものや、壁紙のようにデザイン設計されたものなど多岐に渡ります。また、近年ではその質感や微妙な色味にもこだわった商品も増え、窯業系サイディングと言っても、その見た目は千差万別のものとなっています。
サイディング自体の耐久年数は40年程度が目安ですが、それは適切な塗装を行っていた場合の目安です。定期的な外壁塗装やメンテナンスを行うことで、窯業系サイディングの寿命を長くすることもできるので、欠かさずに行ってください。

窯業系サイディングの塗装

前述のとおり、窯業系サイディングはその意匠性が大きな特長になりつつあります。窯業系サイディングを塗装する際は、どのような種類の塗料にするのか。また、上から塗りつぶしてもいいのか、それとも下の色合いを残すためにクリアな塗料を使うのか。以上の2点を決めていただく必要があります。
塗装は色の変更などによるリフォームを兼ねる意味もありますが、一度上から塗ってしまうと、下地の色は復元できないため、塗りつぶしてしまうかどうかについては慎重に検討してください。

塗装の目安

窯業系サイディングは以下のサインが出ると塗り替えを検討する時期にあたります。

  • チョーキング
  • シーリングの劣化、剥がれ
  • 色あせ
  • カビ・藻の発生
  • 塗膜の剥がれ、膨れ

塗膜の剥がれなどが出てきている場合は塗装劣化がかなり進んだ状態ですので、早めの外壁塗装をおすすめいたします。できればチョーキングが出てきている時点で、塗装についての検討を始めてください。特に築年数の経過した家屋では、外壁の傷みがダイレクトに室内へ伝わり、熱効率の低下や漏水、カビの発生などにも繋がります。
建物に長く住むためにも、外壁の確認は念入りかつ定期的に行ってください。

窯業系サイディングの塗装工程

窯業系サイディングの塗装工程

窯業系サイディングの塗装工程は以下の通りとなります。

施工工程

  1. 外壁の状態や補修が必要な箇所を確認します。
  2. 足場を設置します。
  3. 表面の古い塗料や汚れを高圧洗浄で洗い落とします。
  4. 補修が必要な部分をパテ等で補修、サイディングの剥がれ反りを補正します。
  5. 雨樋やシャッターボックスなど外壁の付帯物を養生します。
  6. 下塗りをおこないます。
  7. 中塗り、上塗りを行います。
  8. 足場を撤去します。

窯業系サイディングの塗装では、他の外壁材と異なり補修にバリエーションが多いのが特長です。サイディング自体の割れや穴に関してはパテやモルタル、補修用のシーリング材などを用いて埋めることで対処します。
また、サイディング自体に大きな反りや剥がれがある場合は、ビス打ちで補正するほか、あまりにも劣化が激しい場合は張替え作業を行うこともあります。

窯業系サイディングにおすすめの塗料の種類

シリコン塗料

耐用年数

8~10年

代表的な塗料

日本ペイント 水性シリコンセラUV、エスケー化研 クリーンマイルドシリコン、関西ペイント セラMシリコン3

シリコン塗料は、価格面でのメリットを感じていただける塗料です。最長で10年ほどの耐久がありながら、様々な機能性を持つものや、多彩な色合いが楽しめます。また、シーリングの寿命が約10年のものが多く、壁面塗料とのメンテナンス時期がほとんど変わらず効率よくメンテナンスできるのも魅力の一つです。
メンテナンスの頻度は上がってしまいますが、塗り替えによって補修のタイミングも増えるので、劣化が始まる前にプロの修繕を頼みたい方や、築年数の比較的長い建物におすすめです。

フッ素塗料

耐用年数

10~14年

代表的な塗料

日本ペイント ファイン4Fセラミック、エスケー化研 クリーンマイルドフッソ、関西ペイント アレスアクアセラフッソ

シリコン塗料よりも長く、美しい塗装面を楽しみたい方は、フッ素塗料がおすすめです。高寿命、高品質のフッ素塗料を使うことで、より長く、壁面を保護してくれます。また3階建て以上のご自宅や傾斜地などで足場が通常より多く必要な場合は、フッ素塗料にすることで塗装頻度を少なくし、トータルコスト削減に繋げることもできます。
その他、新築から10年ほど経過した初めての外壁塗装では、建物の機能維持のためにもおすすめです。

ラジカル制御形塗料

耐用年数

12~15年

代表的な塗料

日本ペイント パーフェクトトップ、エスケー化研 エスケープレミアムシリコン、関西ペイント アレスダイナミックTOP

高機能シリコン塗料であるラジカル制御形塗料も、窯業系サイディングにおすすめの塗料です。従来のシリコン塗料に劣化の反応を抑えることで、耐用年数がより長くなりました。一方塗装単価はフッ素塗料と比べると安く済むため、コストパフォーマンスとしては非常に優れた塗料になります。
ただし、ラジカル制御形塗料を使用する際は、コーキングも耐用年数の長いものにしなければ先にコーキングの劣化が始まってしまいますので、外壁塗装のトータル設計が重要になります。

その他、耐用年数が長い無機塗料も窯業系サイディングのおすすめ塗装です。ご家族のライフプランや目的に合わせてお選びください。

窯業系サイディングを長く利用いただくために

窯業系サイディング自体は耐久性が高く、汚れなども付きにくい壁材ですが、長く住んでいると汚れや劣化などが発生します。適切な処理を定期的に行い、壁材の劣化を未然に防ぐことが、より長く建物を快適にすることに繋がります。
普段から以下の作業を心がけてください。

土や埃などの汚れを見つけたら

外壁に付着した汚れは、早めに清掃してください。水での流水清掃が基本ですが、高圧洗浄は塗膜を傷める恐れがあるため、水圧に注意してください。目安としては5MPa(メガパスカル)以下の水圧がサイディングメーカーの推奨とされています。

小さな藻やカビなどが見られたら

藻やカビの発生初期は水洗い等で落とすことができます。落ちない場合は柔らかなスポンジなどで拭き落としてください。
お風呂などで使用する市販のカビ取り剤は、塗膜を傷める恐れがあるので使用しないでください。どうしても落としたい場合は、漂白作用のある洗剤・薬剤を使用すれば落とすことはできますが、やはりこちらも塗装面・壁面にダメージを与える恐れがあり、また金属部分やお庭の土壌にも影響を及ぼすため極力使用は避けてください。
根強い藻やカビは、外壁塗装のメンテナンスで取り除くのが確実かつ安全な方法です。

小さな傷などを見つけたら

小規模なひび割れなどを見つけた場合でも早めの対処が必要です。サイディングの背面は木材などになっており、ひび割れから雨水が侵入すると、壁面内部のカビや木材の劣化などに直結する恐れがあります。小規模なひび割れの場合は、市販の窯業系サイディング用の補修材で埋めてください。
ただし、傷が大きい場合、前回の塗装から10年前後経過している場合は、外壁塗装によるメンテナンスの方が十分効果を発揮します。お早めにご相談ください。

さくら外壁塗装店では、窯業系サイディングを始めとした各種外壁の塗装を承っております。そろそろ外壁に汚れや劣化が出てきたなと感じたらお早めにご連絡ください。お客様のご希望に応じた外壁塗装プランをご案内いたします。

金属系サイディングの塗装方法

新素材、金属系サイディング

新素材、金属系サイディング

古くから金属製の外壁材と言えばトタンが主流でした。しかし近年、トタンは古くなった家屋の修繕や、小屋などの外壁としての利用が多く、新築の外壁材として採用されることはほとんどありませんでした。
そんな中、新たな素材としてガルバリウム鋼板の外壁材が流通し始め、再び金属系の外壁、いわゆる金属系サイディングの戸建てが増えつつあります。今回はそんなガルバリウム鋼板の金属系サイディングを中心に、塗装やメンテナンスについてご紹介いたします。

金属系サイディングの特長

金属系サイディングの代表的素材、ガルバリウム鋼板とは、トタン表面の主成分であった亜鉛にアルミニウムなどを加えて耐久性を高めた素材です。厚みもトタンのような1mm以下の薄い板状ではなく、住宅外壁としての性能を高めるため15mm前後のものが主流となっています。さらに表面に塗膜の層を設けることで、金属系サイディングは耐久性を向上させています。
広く普及している窯業系サイディングと比べると、金属の持つスタイリッシュなデザイン性、2つの層を組み合わせることで生まれる高い耐久性などが主なメリットとなっています。

金属系サイディングでも塗装は必要です

トタンやガルバリウムは、金属の劣化の原因となる錆を防止し耐久性を高めるため、表面にメッキ加工を施しています。しかし、住宅外壁は常に外気にさらされているため、傷や汚れから守る意味でも表面の塗装は必要不可欠です。塗料は下地の種類に関わらず、劣化が発生するため塗り替えは必要になってきます。
金属系サイディングは高耐久との認識から、メンテナンスや塗料の塗り替えが不要と誤解を招きがちですが、長く快適な住環境を保つためにも、外壁の塗り替えは必要です。

塗装の目安

他の外壁材と同じく、金属系サイディングでも以下のサインが出ると塗り替えを検討する時期にあたります。

  • チョーキング
  • 色あせ
  • カビ・藻の発生
  • 外壁の錆、大きな傷
  • 塗膜の剥がれ、膨れ

窯業系サイディングでは目安となるシーリングの劣化については、金属系サイディングでは構造上確認しづらいことがあります。シーリングを確認いただく場合は、見やすい構造になっている窓や扉の接続部分を確認ください。シーリングが分からない場合は、表面の状況を見て判断してください。

金属系サイディングの塗装工程

金属系サイディングの塗装工程

窯業系サイディングなどと同じように、金属系サイディングも塗装についてはほぼ同じ施工工程になります。

施工工程

  1. 外壁の状態や補修が必要な箇所を確認します。
  2. 足場を設置します。
  3. 表面の古い塗料や汚れを高圧洗浄で洗い落とします。
  4. 錆や傷などを落とすケレンを行います。
  5. また変形やサイディング自体の剥がれなどがあれば補正を施します。
  6. 雨樋やシャッターボックスなど外壁の付帯物を養生します。
  7. 下塗りをおこないます。
  8. 中塗り、上塗りを行います。

金属系サイディングの塗装で特徴的な工程はケレン作業です。金属のサイディング表面に深い傷や錆が見られた場合は重点的に、それ以外の部分も古い塗料を落とし塗料の付着を良くするためケレンを行います。

金属系サイディングにおすすめの塗料の種類

フッ素塗料

耐用年数

10~14年

代表的な塗料

日本ペイント ファインフッソ、エスケー化研 弾性セラタイトF、関西ペイント アレスアクアフッソⅡ

耐久性の高い金属系サイディングには耐用年数の長い塗料との相性がいいです。フッ素塗料もそのひとつで、10年を超えて耐えうる塗料が、金属系サイディングを保護してくれます。
金属系サイディングを出荷する際に塗布する塗料でも一部のメーカーや商品でフッ素塗料が採用されております。

無機塗料

耐用年数

15~20年

代表的な塗料

日本ペイント アプラウドシェラスターNEO

長期間の耐用年数のある無機塗料も、金属系サイディングにはおすすめの塗料です。光沢の保持率も長く続き、金属の美しさをお楽しみいただけます。ただし、無機塗料は各社からのバリエーションが少なく、金属系サイディングへの塗装実績は少ないのが現状です。
今後対応商品が増えていくことは期待できますが、現時点では他の塗料と比べ付加価値などの選択肢は多くはありません。

ラジカル制御形塗料

耐用年数

12~15年

代表的な塗料

日本ペイント パーフェクトトップ、エスケー化研 エスケープレミアムシリコン

高機能シリコン塗料であるラジカル制御形塗料も、金属系サイディングにおすすめの塗料です。長年培われてきた様々な機能性も選択することができるので、金属系サイディングに新たな付加価値を加えることもできます。中でも光沢や結露防止などは、金属系サイディングの特性をより引き出してくれる相性のいい機能です。
今の外観をより美しく、より機能的にされたい方には是非ラジカル制御形塗料がおすすめです。

その他耐用年数が比較的短いシリコン塗料、ウレタン塗料も金属系サイディングへの塗装は可能です。ご家族のライフプランや目的に合わせてお選びください。

金属系サイディングを長く利用いただく ために

金属系サイディングは耐久性の高い塗料ですが、それは適切なメンテナンスを施すことで得られます。
多くの金属系サイディングのメーカーでは、以下のメンテナンスを推奨しています。

外壁のクリーニング

外壁に付着した汚れを落とすため、定期的なクリーニングが推奨されています。

  • 海岸地帯:年4回
  • 工業地帯:年3回
  • 市街地:年2回
  • 田園地帯:年1回

金属の錆や劣化を進める原因となる塩分や工場・排ガスに含まれる成分が比較的多いエリアは、クリーニング頻度が多くなります。クリーニングと言っても外壁を水で洗い流すだけですので専門的な知識や器具は不要です。
クリーニングの際は、以下の事項を守ってください。

強い刺激となる器具や洗剤は使わない

外壁に強い力を加えると塗料やメッキ部分を貫通し、金属系サイディング本体にも傷がつく恐れがあります。一度傷がつくとそこから錆が発生する原因にもなりかねません。 特に金ダワシや先の固いブラシ、研磨剤等を含んだスポンジなどは避け、柔らかいスポンジや布を使用してください。
またクレンザーや酸性、アルカリ性洗剤、シンナーなどの有機溶剤は塗膜を痛める原因となるので使用しないでください。洗剤を使用されたい場合は、中性洗剤を薄めて使用し、十分な水で洗い流してください。

高圧洗浄機の水圧に注意してください

高圧洗浄機は外壁クリーニングでも非常に使い勝手の良い器具ですが、水圧には十分注意してください。水圧が高すぎると、サイディングの接続部分の破損や思わぬ事故に繋がります。
高圧洗浄機は水圧を徐々に上げていき、必要最低限の水圧でご利用ください。一部金属系サイディングでは、高圧洗浄の使用を控えるようアナウンスされている商品もございます。確認の上、適正な使用を心がけてください。

金属系サイディングに傷を見つけたら

金属系サイディングの天敵と言えるのが表面に発生する傷です。特に荷物を持って出入りすることの多い玄関や勝手口、通路幅の狭くなっている犬走りなどではひっかき傷などが発生しがちです。
傷を見つけたら早めの処置をしてあげることで、劣化を食い止めることができます。

補修方法

  1. 傷まわりの汚れを取り除きます。油分などの汚れが見られる場合は中性洗剤で洗い落として下さい。錆が発生している場合は紙やすりで錆を落としてあげてください。
  2. 十分に乾燥させてあげます。水分が残っていると補修後に錆が発生する可能性があります。雨の日はできる限り補修は避けるようにしてください。
  3. 補修材で該当箇所をメンテナンスします。

凹みが発生したら

金属のサイディングとは言え、強い衝撃があるとサイディングに凹みや生じることがあります。比較的小規模で周囲にひずみが出ていない場合は、外壁塗装と合わせて補修することで対応するのがおすすめです。
しかし大きな凹みやサイディング同士の継ぎ目に隙間が生じている場合は、早急な対応が必要です。大きさに応じて補修やサイディングの張替えを行ってください。

さくら外壁塗装店では、金属系サイディングの塗装も承っております。そろそろ外壁に痛みが出てきたなと感じたらお早めにご連絡ください。お客様のご希望に応じた外壁塗装プランをご案内いたします。

モルタルの塗装方法

古くからの建築外壁として使われてきたモルタル

古くからの建築外壁として使われてきたモルタル

モルタルとはセメントに砂や水などを混ぜてつくる建築素材です。戦後から高度経済成長期の日本の戸建て、ビルやマンションのほとんどはこのモルタル外壁が主流でした。
その後サイディングが普及し、戸建ての外壁材としてはかなり減少しているものの、現在でも一部の新築で採用されることもある素材です。
モルタルは耐久性、耐火性に優れており、また曲線などの表現も可能なことから、建物の外壁材としては機能的で汎用性の高い材料です。

モルタル外壁の特長

モルタル外壁の特長は、耐久性などの機能面だけでなく、サイディングでは表現しづらい様々なデザインの形状に合わせて施工ができるという点にあります。曲線や多段の形状の外壁では、今でもモルタル外壁を採用するケースが多く見受けられます。
こだわったデザインの外観だからこそ、塗装の際は色やデザインにもこだわりたいところ。建物の雰囲気に合わせて、素敵にコーディネートしてください。

モルタル外壁は外壁塗装が特に大切

モルタル外壁の大敵となるのはひび割れです。サイディングと異なり、モルタル外壁は経年や地震などによって壁面表面に亀裂が入ることがあります。そのまま放置すると、雨水や外気によって壁の内側までダメージが浸透してしまう恐れがあります。そうならないためにも、定期的な診断と補修が必要不可欠になります。
外壁塗装では、このモルタル外壁の補修を合わせて行います。建物自体の寿命をより長くするためにも、外壁塗装を定期的にご依頼ください。

塗装の目安

モルタル外壁では以下のサインが出ると塗り替えを検討する時期にあたります。

  • チョーキング
  • カビ・藻の発生
  • 塗膜の剥がれ、膨れ

塗膜の剥がれなどが出てきている場合は塗装劣化がかなり進んだ状態ですので、早めの外壁塗装をおすすめいたします。できればチョーキングが出てきている時点で、塗装についての検討を始めてください。特に築年数の経過した家屋では、外壁の傷みがダイレクトに室内へ伝わり、熱効率の低下や漏水、カビの発生などにも繋がります。
建物に長く住むためにも、外壁の確認は念入りかつ定期的に行ってください。

モルタル外壁の塗装工程

モルタル外壁の塗装工程

モルタル外壁の塗装は以下の施工工程になります。

施工工程

  1. 外壁の状態や補修が必要な箇所を確認します。
  2. 足場を設置します。
  3. 表面の古い塗料や汚れを高圧洗浄で洗い落とします。
  4. ひび割れなど劣化が見られる部分を補修します。
  5. 雨樋やシャッターボックスなど外壁の付帯物を養生します。
  6. 下塗りをおこないます。
  7. 中塗り、上塗りを行います。
  8. 足場を撤去します。

モルタル外壁では、壁面に亀裂などが入っている場合の補修作業が他の外壁と異なる工程になります。
古い家屋や、塗料の劣化が進んでいる家屋では補修範囲が広くなることもあり、工期もその分長くなることがあります。

モルタル外壁におすすめの塗料の種類

シリコン塗料

耐用年数

8~10年

代表的な塗料

日本ペイント 水性シリコンセラUV、エスケー化研 クリーンマイルドシリコン、関西ペイント セラMシリコン3

シリコン塗料は現在主流の塗装剤としては比較的安価な塗料です。その分高機能な塗料と比べて耐用年数も短めとなっています。築年数の経過したモルタル外壁には、シリコン塗料がおすすめです。
壁面のメンテナンスを短期サイクルで行うことで、経年による破損の早期発見と補修に繋げていく考えです。その他、防汚や遮熱など様々な機能性が付加された塗料を選択することで、住まいに機能的をプラスすることもできます。
長期的なコストでは割高になるケースもあるため、1回の塗装コストではなく、メンテナンス計画にマッチしているかを考えてお選びください。

フッ素塗料

耐用年数

10~14年

代表的な塗料

日本ペイント ファインフッソ、エスケー化研 弾性セラタイトF、関西ペイント アレスアクアフッソⅡ

モルタル外壁の初めての外壁塗装なら、フッ素塗料がおすすめです。高耐久のフッ素塗料がモルタル外壁を保護し、劣化やひび割れを防いでくれます。またシリコン塗料よりも高い防汚性を示しており、美しい外観を長く保つことができます。
経年による劣化が少ない場合は、フッ素塗料のような、耐用期間の長い塗料を選ぶことで、機能面とコストパフォーマンス面両方を高めることができます。デザイン性やご自宅の耐久性を長く保ちたい場合は、フッ素塗料をお選びください。

ラジカル制御形塗料

耐用年数

12~15年

代表的な塗料

日本ペイント パーフェクトトップ、エスケー化研 エスケープレミアムシリコン

モルタル外壁の高機能、高耐久の外壁塗料の選択肢としては、ラジカル制御形塗料もおすすめです。フッ素塗料同様、比較的築年数の浅いお住まいには、ラジカル制御形塗料を塗装することで外壁の劣化を最小限に食い止めることができます。
費用的にもフッ素塗料と比べると安く、シリコン塗料と比べて耐用年数も長いため、コストパフォーマンスを重視した方はラジカル制御形塗料をお選びください。

その他、よりメンテナンス頻度を上げ、1回あたりのコストを抑えたい場合は、アクリル塗料やウレタン塗料、耐用年数をより長くのばしたいという方には無機塗料も塗装が可能です。
モルタル外壁は幅広い種類の塗料が使用可能ですので、建物の状況やご家族のライフプランに合わせて、塗料をお選びください。

モルタル外壁を長く利用いただくために

モルタル外壁は耐火性や耐久性に優れた外壁ですが、メンテナンスを怠ると劣化が進行し、建物自体の寿命を短くしてしまう可能性があります。そうならないためにも、取り扱いには十分注意が必要です。

軽度なひび割れの補修

モルタル外壁の大敵であるひび割れ。放置するとその隙間から雨水や埃が侵入し、外壁内部の劣化を進めてしまいます。ひび割れは外壁の場合は幅0.3mm以下のものをヘアークラック、幅0.3㎜以上、深さが5㎜以上の場合は構造クラックとして位置づけられます。

ヘアークラック

ヘアークラックは、モルタルやコンクリートではほとんどの場合発生してしまう表面上の細かなひび割れです。塗り替え時に、シーラーやフィラーなどの下塗り材を塗布することでカバーできます。

構造クラック

構造クラックは、モルタル外壁自体に亀裂が入って雨水が侵入する可能性があり、補修が必要になります。塗装する前にコーキング材でひび割れ部分を埋めることで補修します。

1mm以上のひび割れ、剥がれ等の補修

モルタル外壁に1mm以上の大きなひび割れがある場合や塗装面の剥がれなど大きな損傷がある場合は、早めの修復が必要になります。外壁塗装業者へ依頼いただき、適切な処置を行ってください。

たかが小さな傷と思っていても、外壁は常に外気にさらされている場所。ひび割れから雨水が侵入すると、壁内の腐食や室内の雨漏りにつながります。お住まいを快適に、より長くお使いいただくためにも、塗装業者への依頼を検討してみてください。

さくら外壁塗装店では、モルタル外壁の塗装・補修を全国で承っております。
ご希望のお客様は無料のお見積りに伺いますので、お気軽にお申し付けください。

ページトップへ

TOP