さくら外壁塗装の外壁塗装リフォームブログ

2021年12月1日

エスケープレミアムシリコンとは?|概要や効果的な使い方についてご紹介します

塗料缶

「ラジカル塗料」は特殊な技術を用いることで耐用年数をぐっと伸ばすことに成功した新しい仕上げ用塗料で、ここ数年注目を集めています。

メンテンナンス費用の節約にも繋がるラジカル塗料ですが、今回は数ある中からエスケー化研が販売している「プレミアムシリコン」について、特徴や注意点をまとめてみました。

 

プレミアムシリコンとは

ローラー塗装

近年人気となっているプレミアムシリコンは、シリコン樹脂を主な原料とする「ラジカルコントロール技術」を導入した塗料で、

大手メーカー「エスケー化研」が製造販売する外装用塗料です。

シリコン樹脂を主な原料としたプレミアムシリコンは、外壁塗装の最後の工程である「上塗り」に使用され、外壁に使用される塗料の中でも普及度の高い塗料として知られています。

そして、エスケー化研が製造販売するプレミアムシリコンが人気となっている理由のひとつに、

普通のシリコン塗料にはない「ラジカルコントロール技術」が用いられていることが挙げられるでしょう。

「ラジカルコントロール技術」では塗料の劣化スピードを抑える効果が期待できるだけでなく、塗装が長持ちすることから塗り替えの回数も少なく済むのが特徴です。

そのため、結果として費用削減に繋がることもあり、なるべくコストを抑えたいユーザーを中心に人気を集めています。

 

プレミアムシリコンの特徴

準備

ここでは、プレミアムシリコンの特徴を3つご紹介します。

1.「ラジカルコントロール技術」を導入した抜群の耐久性

2.ツヤのある美しい仕上がり

3.人にも環境にも優しく作業性がよい

ひとつずつ、見ていきましょう。

 

「ラジカルコントロール技術」を導入した抜群の耐久性

プレミアムシリコンは、「ラジカルコントロール技術」を導入したことによる抜群の耐久性が特徴のひとつです。

この「ラジカルコントロール技術」だけでも十分な耐久性が期待できますが、プレミアムシリコンでは「超耐候形特殊ハイブリッドシリコン樹脂」を採用しています。

この樹脂を採用することで耐候性の向上や、架橋効果の向上による低汚染・防カビ・防藻性実現し、総合的な耐久性の高さをさらに確固たるものとしています。

 

ツヤのある美しい仕上がり

プレミアムシリコンで塗装した外壁は塗膜がなめらかで、従来の水性塗料に比べると非常に強いツヤが出ます。

なめらかでツヤのある外壁は表面に汚れがついてしまっても弾きやすく、雨が降った際は汚れも一緒に洗い流すことができるでしょう。

そのため、長期にわたって美しさを保てるだけでなく、メンテナンスに手がかからないことも人気の理由です。

また、プレミアムシリコンでは50種類近くのカラーバリエーションがあるため、外壁の色にこだわりたいといった要望も叶えられます。

 

人にも環境にも優しく作業性がよい

プレミアムシリコンは非常に性能が高いだけでなく、環境や人にも優しいため安心して作業可能な点もポイントです。

丈夫な塗膜を作るうえで油性塗料をイメージする方も多いかもしれませんが、油性塗料には希釈剤にシンナーが使われており、身体によいとはいえません。

その一方で、プレミアムシリコンは希釈剤に水を使用した水性塗料となっており、塗料の臭いが少ないだけでなく人体に及ぼす影響もほとんどないことが特徴です。

 

プレミアムシリコンの種類

塗料

上塗り材として使用されるプレミアムシリコンには、ここまでご紹介してきた「プレミアムシリコン」に加え、「弾性プレミアムシリコン」という2種類がラインナップされています。

名前がよく似た2つの製品ですが、プレミアムシリコンの大きな特徴である「耐久性」・「仕上がり」・「作業性」についてはどちらにも共通しており、グレードの違いがあるわけではありません。

ではなにが違うかというと、弾性プレミアムシリコンは「ひび割れ追従性」といった機能を有しています。

弾性プレミアムシリコンでは主剤に弾性系の素材が用いられており、塗膜が伸び縮みする性質を持っています。

この性質によって、万が一外壁にクラック(ひび割れ)が生じたとしても雨水が室内に侵入しにくいといえるでしょう。

適切な下塗材を使用することで「プレミアムシリコン」でもクラックを生じにくくできますが、周辺環境などから特にひび割れの懸念がある場合は「弾性プレミアムシリコン」を検討するとよいかもしれません。

ただし、メーカーの製品情報によると複層塗材の上塗りに用いる場合での設計価格が、「プレミアムシリコン」に比べ、弾性プレミアムシリコンのが200円/㎡高くなるので注意が必要です。

また、両者では外壁の仕上がりの幅が異なります。

プレミアムシリコンでは「ツヤあり」「半艶」「3分艶」「艶消し」の4種類から仕上がりを選べますが、弾性プレミアムシリコンでは「艶消し」を除いた3種類から選ばなければなりません。

なお、基本的には「プレミアムシリコン」がプレミアムシリコンシリーズの標準品となっており、見積もりを取る際も特に指定しなければ「プレミアムシリコン」が採用されていることがほとんどです。

 

プレミアムシリコンが使える外壁と下地材について

タイル

プレミアムシリコンの特徴が理解できたところで、プレミアムシリコンが使える外壁について確認してきましょう。

そもそもの前提としてプレミアムシリコンは「上塗材」であるため、まずは塗装面の下地にあった「下塗材」の選定が必要です。適切な下地材を選定することで、ほとんどの外壁でプレミアムシリコンが使用できるでしょう。

また、エステー化研ではプレミアムシリコンに対応した下地材を4つ、取り扱っています。

・水性SDサーフエポプレミアム

・マイルドSDサーフエポプレミアム

・弾性プレミアムフィラー

・水性ハイブリッドシーラー

それぞれの特徴について簡単に見ていきましょう。

 

水性SDサーフエポプレミアム・マイルドSDサーフエポプレミアム

窯業系サイディングを塗装する際に使用します。

軽微なひび割れをカバーでき、なめらかで美しい仕上がりが特徴です。

性能は同等ですが、「水性SDサーフエポプレミアム」は水性塗料を使用する場合、「マイルドSDサーフエポプレミアム」は油性(溶剤系)塗料を使用する場合に使用します。

※「マイルドSDサーフエポプレミアム」は油性(溶剤系)塗料なのでシンナーで希釈が必要です。

 

弾性プレミアムフィラー

コンクリート・セメント・モルタル・ALCなどの既存塗膜がある場合に使用します。

薄付け・厚付け両タイプの仕上げに対応しており、ひび割れにも強い下地材です。

 

水性ハイブリッドシーラー

無機系コーディングのサイディングや高耐候性有機塗膜の塗装で使用します。

シール性・浸透性に優れており、幅広い適応性があることからさまざまなサイディングで使用できる一方、価格が高い点に注意が必要です。

 

プレミアムシリコンのメリット

豆電球

続いて、実際に使用するにあたってのメリットについて解説します。

 

耐久性が高く塗装回数を減らせる

プレミアムシリコンは、その最大の特徴である耐久性の高さによって耐用年数が14~16年と長めに設定されています。

そのため、外壁にかかるメンテナンス費用を大幅に抑えられる点が大きなメリットとなるでしょう。

プレミアムシリコンは耐候性も高く、低汚染・防カビ・防藻性についても高い性能を発揮してくれるので、家をしっかりと守ってくれます。

 

外観が美しく仕上がる

プレミアムシリコンでは従来の水性塗料と比べ、艶が高く美しい仕上がりとなります。

また、「半艶」「3分艶」「艶消し」と艶の度合いを選べるため、なるべく艶を抑えたマットな仕上がりにしたいといった要望にも対応できるでしょう。

 

プレミアムシリコンのデメリット

デメリット

プレミアムシリコンでは多くのメリットがある一方で、実際に使用するにあたってデメリットや注意点もいくつかあるので、以下で解説します。

 

ツヤが出すぎる

プレミアムシリコンはツヤのある美しい仕上がりは大きな特徴である一方で、艶が強すぎるといった面もあるので注意が必要です。

同じ「ツヤあり」であっても、一般的な汎用塗料より艶が強い傾向にあるため、事前に艶の具合を確認しておくことをおすすめします。

 

比較的施工事例が少ない

プレミアムシリコンは2014年に発売された比較的新しい塗料であり、施工実績として耐用年数(14~16年)経過後の状態が確認できません。

エステー化研では促進耐候性試験(キセノンランプ法)の結果を公表していますが、実際の施工事例を参考にしたいと考えている場合にはロングセラー商品から選んだ方がよいかもしれません。

また、プレミアムシリコンをはじめとしたラジカル塗料の施工経験が乏しい施工業者も多く、業者選びの際は注意してください。

 

施行手順と工事期間について

準備

プレミアムシリコンは一般的に以下のような手順で施行されます。

・下地の処理

・下塗り塗料を使用し、下塗りを行う

・プレミアムシリコンで上塗りを2回行う

上記の手順からもわかるように、塗装を最低でも3回する必要があり、工事期間としておよそ7日から12日間程度必要になるでしょう。

また、時期によっても工事期間が左右される恐れがあることから。前もって業者さんとの間で施工時期に関する打合せをしておくことをおすすめします。

 

まとめ

今回の記事ではエスケー化研のプレミアムシリコンについて、まとめてみました。

プレミアムシリコンは数あるシリコン塗料の中でも、耐久性が非常に高い塗料です。

まだまだ登場してから日が浅く、施工実績がないことに不安を覚える方もいるかもしれませんが、メンテナンス費用を抑えたいと考えている場合にはぜひ検討してみることをおすすめします。

また、艶が出過ぎるのではないかと不安な場合には前もって施行業者と打合せを行い、艶の具合を確認しておくようにしましょう。

この記事が少しでも役になっていたら、幸いです。

TOP

ページトップへ