塗料の「塗膜」とは?外壁・屋根塗装に必要な役割、成分を解説します。外壁塗装を全国工事対応。

ガーデンプラス® さくら外壁塗装店

  • 現場調査無料!
  • お見積もり無料!
  • 全国工事対応!
  • 安心の施工10年保証!
  • 信頼の施工実績16,000件!

お電話でのご依頼・ご相談は

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

選ばれる6つの理由 さくら外壁塗装店はココが違う!

コラムメニュー

記事をもっと見る

塗装事例一覧

塗装事例をもっと見る

外壁塗装コラム 外壁塗装のちょっとコアな情報をお届け。

営業日カレンダー
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

休業日(現場調査・工事は対応)

…休業日(現場調査・工事は対応)

休業日もフォームからの問合せ・申込みは可能です。

※各店舗の休業日とは異なります。

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

お客様コールセンタースタッフ
小さなご相談もお気軽にお問合わせ下さい。有資格者が最適な解決策をご提案いたします。
  • 小川

  • 植松

  • 村上

  • 森田

  • 中野

  • 石井

  • 杉原

  • 木村

  • 八村

  • 三坂

  • 宗行

  • 石田

  • 森末

  • 吉村

  • 須田

  • 小嶋

  • 西村

  • 田中

  • 浅井

  • 湯本

  • 松本

  • 上田

  • 竹内

  • 橋本

  • 小柴

  • 福本

  • 前田

  • 吉田

  • 出田

  • 寺口

  • 前田

  • 大西

  • 岡田

  • 横田

  • 木村

  • 佐藤

  • 福山

  • 太田

メールでのご相談はこちら
ご利用ガイド

安心セキュリティ

FujiSSL

当サイトではFujiSSLのSSL証明書を使用し、常時SSL暗号化通信を行っています。

さくら外壁塗装の外壁塗装コラム

塗料の「塗膜」とは?外壁・屋根塗装に必要な役割、成分を解説します

2024年3月25日更新  2024年3月25日公開

外壁塗装・屋根塗装 塗膜

外壁塗装や屋根の塗装が経年劣化してくると、触ると手に色がついてくるチョーキング現象が起きたり、色褪せたり、ひび割れしてきたりと様々なトラブルが起きてきます。

「塗膜」についての基礎知識と、失敗しないポイントをご紹介しましょう。

 

 

「塗膜」の役割とは?

外壁塗装・屋根塗装の疑問

「塗膜」は、外壁や屋根に塗った塗料が乾燥して固まって膜状になったもの。 塗膜は建物を雨や紫外線、熱から家を守る役割があります。

詳しくご説明しましょう。

 

 

「塗膜」になる塗料の種類や成分

家を守る 外壁塗装

外壁塗装などを行った後、住宅を守る「塗膜」になる成分とはどのような素材なのでしょうか。

 

「顔料」

「塗膜」になる成分のひとつに「顔料」があります。「顔料」とは、耐光性がある粉で、塗装料に様々な色を作るための原料です。塗膜を作り、塗装を長持ちさせる成分です。

 

「樹脂」

「樹脂」(じゅし)も塗料を構成する成分のひとつで、外塀塗装の塗料の主成分である「顔料」を「塗膜」としてしっかりと密着させる成分です。樹脂の種類によって耐久年数が変わります。

 

「添加剤」

「添加剤」は塗料を作る時に必要なもの、塗装の時に必要なもの、塗装の後に必要なものなどいくつかの添加剤の種類があり、それらが少しずつ塗料の中に含まれています。

添加剤がなければ、塗膜を作ることや耐久性を保つことができません。

 

 

「塗膜」ができるまでには日数がかかることを把握しておこう

外壁塗装・屋根塗装

外壁や屋根に塗った塗料が乾燥して固まる「塗膜」となるまではおおよそ2週間前後の日にちがかかります。

下地・中塗り塗料・上塗り塗料と塗り重ね、すべてがしっかりと乾燥し、完成となります。

では、もし塗膜がしっかりとできなかったとき、外壁にはどんな問題が起こるのでしょうか。

 

 

「塗膜」がうまく作られなかった場合に起きるトラブル

外壁塗装で気を付けるべきこと

塗膜ができるように施行されなかった場合、起こりうる外壁の問題点を確認しておきましょう。

 

褪色

褪色とは、色が褪せることですが、正しく施工した場合の平均的な褪色の目安は、約10年前後と言われています。

それよりも短い期間で褪色が見られる場合は、外壁塗装の施工に問題があったと言えるでしょう。

施行した業者に相談してみることをおすすめします。

 

チョーキング

チョーキングとは、外壁に触れると手に粉のようなものが付き、外壁が白っぽく見えることです。これは外壁塗装の劣化の表れなので、放置せず業者に相談する必要があります。

チョーキング現象も褪色と同じような劣化なので、新築や塗装工事から約10年前後で見られる現象です。

それよりも早く、2年〜3年でチョーキング現象が見られるときは、施工不良も考えられるでしょう。

例えば、塗料の調合ミスや、希釈・攪拌不足、塗料の不足などの原因が考えられます。

チョーキングが見られる場合も施工業者に相談することをおすすめします。

 

ひび割れ

外壁塗装の「ひび割れ」も、経年劣化のほか、その時期が早ければ施工不良も考えられます。

経年劣化による褪色やチョーキング現象のように、外壁塗装のひび割れが起こることもありますが、その時期が塗装工事をした日から早い時期に起こった場合は、塗装料の不足や、乾燥時間の短縮などの手抜き工事が施された結果、塗膜がしっかりと完成されなかったことが原因の場合もあります。

この場合も、施工業者に連絡してみましょう。

 

 

外壁塗装工事で「塗膜」ができるまでの工程・説明をよく聞いておこう

なるほど

外壁塗装工事を希望する場合、施工業者にはしっかりと聞いておきたいことがあります。

 

  • アフターフォローがあるか
  • 工程表を渡してくれるか
  • 外注ではなく自社工事か

 

最低限、これだけは確認しておきたいですね。

また、施工期間について、さらに「塗膜」が完成するまでの日程もよく確認しておきましょう。

 

 

まとめ

閑静な高級住宅街

外壁塗装工事を考えているとき、知っておきたい「塗膜」についての基礎知識をお話ししました。

住宅の工事は予算も日程もかかるものです。少しでも住宅の塗装についての知識を得ていることで、様々な点に気づいたり確認したりでき、スムーズな契約と施工依頼ができるでしょう。

「塗膜」についてもぜひ覚えておきたいですね。

 

 

関連コラム

新着コラム

人気のコラム

TOP

お見積り・現場調査・お問い合わせはこちら無料

ウェブからお気軽にご相談ください。
全国無料でお伺いいたします。

ご相談・お問い合わせ

ご相談はフリーダイヤルでも
受け付けております(携帯・PHS可)。

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

ウェブ上でお見積り、塗装イメージがお試しいただけます。

  • カラーシミュレーション お住まいのタイプ別に外壁と屋根の塗り替えの配色をシミュレーションできます。 シミュレーションする
  • お見積りシミュレーション 簡単2ステップで概算見積もりを算出することが可能です。 シミュレーションする
  • 外壁塗装&サイディングコーディネートサービス 手続き不要 ご利用無料 ご希望の色をシミュレーションしたデータを作成いたします。
  • 30秒で分かる!私の家は大丈夫? セルフ外壁診断6つの質問に答えるだけ!今の外壁の状況をもとに、外壁塗装するべきか診断します。

相見積りでもお気兼ねなくご相談ください!

  • 無料お見積り依頼
  • ご相談・お問い合わせ
  • 120万円30回までのご利用なら分割金利手数料0円 金利・手数料はさくら外壁塗装店が全額負担します! 120万円を超える場合は1.9%優遇金利ローンをご用意!
  • 最長10年保証と無料10年目点検のWサービスで、塗装後も長期的にサポートいたします。
  • ガーデンプラス さくら外壁塗装店なら、いつでもどこでも現場調査・お見積りが日本全国無料!

さくら外壁塗装店が選ばれる理由

ページトップへ