外壁塗装は何年ごとに行うのがベスト?年数の目安について解説します!。外壁塗装を全国工事対応。

ガーデンプラス® さくら外壁塗装店

  • 現場調査無料!
  • お見積もり無料!
  • 全国工事対応!
  • 安心の施工10年保証!
  • 信頼の施工実績10,000件!

お電話でのご依頼・ご相談は

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

選ばれる6つの理由 さくら外壁塗装店はココが違う!

コラムメニュー

外壁塗装リフォームブログ

記事をもっと見る

外壁塗装コラム 外壁塗装のちょっとコアな情報をお届け。

  • カラー&お見積り事例集
  • 外壁塗装人気色ランキング
  • 都道府県・市区町村別 外壁塗装の費用相場
営業日カレンダー
6
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
7
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

休業日(現場調査・工事は対応)

…休業日(現場調査・工事は対応)

休業日もフォームからの問合せ・申込みは可能です。

※各店舗の休業日とは異なります。

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

お客様コールセンタースタッフ
小さなご相談もお気軽にお問合わせ下さい。有資格者が最適な解決策をご提案いたします。
  • 加來

    加來

  • 大藤

    大藤

  • 白賀

    白賀

  • 植松

    植松

  • 小川

    小川

  • 森田

    森田

  • 須田

    須田

  • 金

  • 村上

    村上

  • 大西

    大西

  • 杉原

    杉原

  • 中野

    中野

  • 浦辻

    浦辻

  • 丹羽

    丹羽

  • 安藤

    安藤

  • 太田

    太田

  • 宗行

    宗行

  • 小嶋

    小嶋

  • 粂

  • 織

  • 嶋

  • 前田

    前田

  • 南

  • 吉田

    吉田

  • 寺口

    寺口

  • 石井

    石井

  • 小柴

    小柴

  • 西村

    西村

  • 髙井

    髙井

  • 木村

    木村

  • 八村

    八村

  • 福本

    福本

  • 橋本

    橋本

  • 岡崎

    岡崎

  • 菊地

    菊地

  • 出田

    出田

  • 岡田

    岡田

  • 渡辺

    渡辺

  • 都

  • 木村

    木村

  • 横田

    横田

  • 宮腰

    宮腰

  • 佐藤

    佐藤

メールでのご相談はこちら
ご利用ガイド

安心のセキュリティ

FujiSSL

当サイトではFujiSSLのSSL証明書を使用し、常時SSL暗号化通信を行っています。

さくら外壁塗装の外壁塗装コラム

外壁塗装は何年ごとに行うのがベスト?年数の目安について解説します!

2022年6月6日

外壁塗装 何年ごと

「外壁の塗装の汚れが気になってきた…」

「新築から数年経ったけれど、いつ頃メンテナンスしたらいいの?」

と、悩まれている方もいるのではないでしょうか?
外壁塗装は常に家を守ってくれている為、日々劣化していきます。

そのため、対応年数以外の要因も含めベストなタイミングがあります。

今回はその目安と、耐用年数を超えていなくても外壁塗装工事が必要な劣化症状をご紹介します。

 

外壁の耐用年数とは?

外壁塗装 耐用年数

住宅の外壁は日々、日光や雨・風にさらされているため、日ごとに劣化していきます。

色あせたりひびが入ったり、スキマができたりと見た目が悪くなっていくため、メンテナンスを考える方も多いのではないでしょうか。

 

住宅の外壁は、どの程度の耐用年数があるのでしょうか。

新築後初めてメンテナンスする場合と、メンテナンスしたことがある場合とでは違いがあります。

 

新築の場合は8年~12年程度が外壁塗装工事の目安

新築住宅の場合は、早ければ約5年後、平均すると約8年から12年後後が外壁塗装工事の目安。

新築の外壁塗装で使われる塗料や、外壁の素材によって違いはあります。

実際にはプロの目で判断してもらうのが無難です。

 

外壁は実は5年目~10年目に劣化が始まる

外壁は、約5年後、平均すると約8年目以降から劣化します。

約5年目頃に少しずつ目視でもわかるように劣化が進んでいきますので、実際に気になり始める方も多いはず。

しかし、新築の住宅を建てる際に使われる塗料によっては12年を超えても劣化しない場合もあります。

 

外壁に使用している材質によって耐用年数は違う

外壁に使われる素材としては、ほとんどがサイディングやモルタルです。

金属系・木質系・樹脂系などモルタルにも種類が豊富にあり、耐久年数は素材によって変わります。

また、耐久年数が長いと言われる素材であっても住居環境や地域、天候などの自然環境によって劣化が早くなることもあります。

 

2度目以降は、使用した外壁塗装料によって年数が変わる

外壁塗装のメンテナンスを行ったことのある場合でも、塗料によって耐久年数は変化します。

外壁塗装用の塗料には、価格が低い順に

  1. アクリル樹脂塗料
  2. ウレタン樹脂塗料
  3. シリコン樹脂塗料
  4. ラジカル制御型塗料
  5. フッ素樹脂塗料

 

などの種類があります。

 

外壁塗装工事は何年ごとがベスト?

外壁塗装 疑問

外壁塗装工事を施しても、それで劣化が収まるわけではありません。更に数年後にはまた気になる劣化が進むかもしれません。

手入れを怠らないことが美しく住宅を保つ秘訣になりますが、何年ごとにメンテナンスをするのがベストなのでしょうか。

 

前回使用した外壁工事塗装に使用した塗料による

メンテナンスの時期については、前回使用した塗料の素材によって変わってきます。

新築の場合は、数年は膨張や収縮を繰り返すため、塗膜の剥がれを防ぐためアクリル製樹脂の塗料を使うことが多いでしょう。

アクリル樹脂塗装料の耐用年数は短くて5年程度、長くても8年程度。

そのため、メンテナンスの時期は早めが良いかもしれません。

 

耐久年数はどれくらいなの?

外壁塗装工事に使われる塗料の種類は多く、前述のアクリル樹脂塗料やウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、ラジカル樹脂塗料、フッ素樹脂塗料のほかにも、断熱性を考えた塗料や、汚れから守る機能が高い光触媒塗料、暑い日差しから家を守る遮光塗料など様々です。

選ぶ塗料により耐用年数は変わるので、工事業者のプロに耐用年数も併せて相談してみましょう。

 

耐用年数にならなくても外壁塗装工事が必要な「劣化症状」とは?

塗り替えのタイミング

外壁塗装工事は、塗料や外壁材の耐用年数に達していなくても、工事が必要な場合があります。それは「劣化症状」が見え始め、感じ始めた時。

「劣化症状」とはどのような現象を言うのでしょうか。

 

外壁を触ると手に色が付く

チョーキング

外壁を触ると手に色が付く場合は、外壁が劣化していることを示します。この現象は粉状のものが手につくことから「チョーキング」や「白亜化現象」と言われる劣化症状です。

これはほとんどの場合経年劣化が原因なので、このまま放置しておくと雨水の侵入などの心配があります。

早めの対応をした方が良いでしょう。

 

外壁に0.3ミリ以上のひびが入っている

ひび割れ

外壁にひび割れを見つけた際も、すぐに外壁塗装工事が必要な時期です。塗膜の経年劣化や業者の施工方法が原因であることも多い現象です。

ただし、幅0.3mm以下、深さ4mm以下の微細なひび割れであれば、外壁塗装工事で補修することが可能です。

それ以上の深さ、大きさのひび割れについては、住宅の構造自体に問題がある可能性が高いので、専門家に見てもらうことをおすすめします。

 

カビや苔が生えている

外壁 カビ・藻

凸凹の多い外壁材を使っている、結露の発生しやすい環境に住宅がある場合、カビや苔が生えやすいかもしれません。見た目も良くなく、室内への影響も心配ですね。

このような劣化現象が発生した場合は、高圧洗浄などを施したのちに、カビ防止効果の高い外壁塗料でメンテナンスをするのが良いでしょう。

カビの防止に関するメンテナンスも様々な方法があるので、専門家に相談してみましょう。

 

サビ付いてきた

外壁 サビ

外壁に起きるサビの種類は、赤サビと白サビがあり近くにある車庫や物置、隣家の素材からもらってしまうことや、金属製の外壁材をしようしていることからサビ付きが発生することも考えられます。

外壁全体にサビが広がり、外壁の穴あきにつながる前に、外壁塗装工事を施すことが必要でしょう。

 

外壁塗装工事した塗料がはがれている

外壁 劣化・塗料の剥がれ

経年劣化による塗料のはがれと、施工時の施工不良によるはがれがあります。

使用している塗装料の素材によって耐久年数が変わってくるので、どのような塗料を使えば長持ちするのか専門家に相談した上でメンテナンスすることをおすすめします。

放置しておくと雨水の侵入やカビの発生につながるので早めの対応が肝心です。

 

まとめ

外壁塗装

外壁塗装のベストなタイミングについて、目安になる年数をご紹介しました。

突然訪問で来る業者は、経験の浅い職人が多いなど問題がある場合も。

トラブルに繋がる恐れがあるため注意が必要です。

地域の優良外壁塗装業者を見極め、納得がいくまでよく相談しましょう。

関連するブログ

関連コラム

新着コラム

人気のブログ

人気のコラム

TOP

お見積り・現場調査・お問い合わせはこちら無料

ウェブからお気軽にご相談ください。
全国無料でお伺いいたします。

ご相談・お問い合わせ

ご相談はフリーダイヤルでも
受け付けております(携帯・PHS可)。

0120-411-807

【受付時間】9:30~17:30

ウェブ上でお見積り、塗装イメージがお試しいただけます。

  • カラーシミュレーション お住まいのタイプ別に外壁と屋根の塗り替えの配色をシミュレーションできます。 シミュレーションする
  • お見積りシミュレーション 簡単2ステップで概算見積もりを算出することが可能です。 シミュレーションする
  • 外壁塗装&サイディングコーディネートサービス 手続き不要 ご利用無料 ご希望の色をシミュレーションしたデータを作成いたします。

相見積りでもお気兼ねなくご相談ください!

  • 無料お見積り依頼
  • ご相談・お問い合わせ
  • 120万円60回までのご利用なら分割金利手数料0円 金利・手数料はさくら外壁塗装店が全額負担します! 120万円を超える場合は超低金利0.9%ローンをご用意!
  • 最長10年保証と無料10年目点検のWサービスで、塗装後も長期的にサポートいたします。
  • ガーデンプラス さくら外壁塗装店なら、いつでもどこでも現場調査・お見積りが日本全国無料!

さくら外壁塗装店が選ばれる理由

ページトップへ